2014年1月26日日曜日

ポタプロCLASSICを購入。

KOSS portaPro Classicとは

KOSS社が1984年に発売した超ロングセラーの定番ヘッドホン。元々は1万円で売られていたが、2012年の価格改定から3,000円代に突入。米Amazonではその値段に見合わないコストパフォーマンスから約2,000件の高評価を得ている。日本国内の代理店はTEAC




portaPro Kid :-) by OM-D E-M5 + LG 20mm F1.7

◆基本仕様

メーカー型番 : PORTAPR
装着方式:オーバーヘッド
構造 : オープンエア
周波数特性 : 15~25,000Hz
音圧感度 : 101dB
インピーダンス : 60Ω
再生周波数帯域:15Hz~25kHz
コード長:1.2m
重量:60g ∑(゚д゚; )

側圧はサイドスイッチで調整可能で「FIRM」(強)と「LIGHT」(弱)を切り替えられる。折りたたみ式で手のひらサイズまで小さくなる。最初にフックを繋いでからリングを調節するのがコツ。ケーブル長は1.2mと少し眺めなので取り回しやすい1m程度にプラグ側を三つ編みにしても良いと思う。装着感は、とにかく軽いの一言。

ポタプロのフック部

◆現行品と旧製品の見分け方
  • 2004−:3.5プラグ形状がL型金メッキ、標準変換プラグ付属、外装はPTP包装
  • 2007−2011:3.5プラグ形状がL型、ストレート混在、 標準変換プラグ付属。
  • 2012−2013:3.5プラグ形状がL型、収納ポーチが正方形。外装が黒箱に変更(偽物対策)
  • 2013−:3.5プラグ形状がストレート、収納ポーチが長方形。


◆音質

オープンエアー型なので低音から高音までバランスよく鳴る。シャカシャカと音が外部に漏れるので電車での使用は避けた方がいいだろう。音の臨場感は評判の良いiPhone5付属のイヤホン「EarPods」にイヤーパッド対策を施したバージョンですら軽く上回る。たった3,000円でライブ会場にいるかのような錯覚を起こさせる。それがポタプロCLASSICなのである。

ポタプロ中毒者が多数いるのもこの製品の特徴。


◆動作環境

以下の組み合わせで問題なく動作しました。
  • MBA(MacBook Air 2013年モデル)
  • MBA+MW600
  • MBA+Fiio E3
  • MBA+Fiio E3+MW600
  • iPhone5
  • iPhone5+MW600
  • iPhone5+Fiio E3
  • iPhone5+Fiio E3+MW600